美容外科でほくろを除去しよう|待遇面をうまく活用する

サイトメニュー

診察日に取ってもらえる

顔に触れる女性

どのような状態でも取れる

人間にできるほくろの種類はいくつかありますが、有名な分類は生きぼくろと死にぼくろでしょう。生きぼくろは盛り上がっているタイプのほくろで、『黒子』という漢字の通り色は黒く、ツヤがあるものが多いです。一方の死にぼくろは盛り上がってはおらず、色は黒というよりも茶色の場合が多いです。盛り上がりの違いがあるため、触ってみれば簡単に区別が付きますので、どちらのほくろか知りたいのなら手で触れてみましょう。ちなみに、なお、生と死の文字が使われていますが、分類するための名称でしかないため、健康面について心配する必要はありません。なお、人間の体の中で顔は一番目立つ部分なので、そこにほくろがあって、見た目を損なっていると感じる方もたくさんいるでしょう。どちらの種類も美容外科化や美容皮膚科があるクリニック訪れれば、すぐに除去してもらえるため、ドクターの力を借りることを考えましょう。ドクターが行う施術ではレーザーやメスなどが使われ、できる限りきれいに除去するので、初めから顔に無かったようにしてくれます。たくさんあるのなら、施術を何日かに分けることになりますが、少ないなら、診察に訪れたその日のうちの除去も可能です。ただし、健康に害を及ぼしてしまう病気タイプのほくろもあるので、気をつけなければいけません。そのタイプは素人では確かめようがないため、ドクターのいるクリニックで診てもらうしかないです。もちろん、美容系の皮膚科や外科でも診てもらえるので、除去したいけれど病気かもしれないと感じている方も安心して診察を受けましょう。ほくろはサイズや大きさによって、除去料金が変わるため、まずはカウンセリングにてドクターに取って欲しい箇所を診てもらいましょう。そうすれば、それぞれのほくろを取るための費用を見積もってくれて、全体でいくらになるのか詳しい金額を教えてくれます。もちろん、顔にあるものだけではなく、体にできたものも含めて、邪魔だと感じる箇所はすべて除去してもらえます。そして、除去料金が予算に収まりそうなら、流れでそのまま申し込んで、施術を受けることが可能です。ただし、当日に対応していないクリニックもあるため、カウンセリングの予約を取るときには、施術日について確認しておきましょう。ちなみに、ほくろを除去するときに、前もって何かしらの準備が必要だということはありません。むしろ、ほくろを取り終わった後のアフターケアのほうが大切なので、ドクターが話す注意事項をしっかりと理解しましょう。とくに、傷口に貼るテープのことや日焼けをしてはいけない話などが重要なので、万全なアフターケアを望むなら聞き逃してはいけません。なお、当日にほくろを除去してもらいたいなら、支払い方法をしっかりと準備しておきましょう。一つあたり一万円程度で取ってくれる美容系のクリニックが多いので、少ない数ならば現金での支払いも可能です。しかし、量が多くなると現金は難しくなるので、クレジットカードなどの支払い方法を利用したほうがよいでしょう。ローンを利用できるケースもあるため、分割払いを望むのなら、対応するクリニックに相談することをオススメします。